コンピュータを使うのか、コンピュータに使われるのか

人工知能をもてはやすようになって、随分と時間が経ちました。「コンピュータがいつか人間を支配する」だの「人間を滅ぼす」だのという文言を見たことがある人も多いことでしょう。

ところで、「コンピュータがいつか人間を……」という言葉が流行るということは、少なくとも現時点では、我々はコンピュータに支配されていないことになります ――本当にそうでしょうか。本当に我々はコンピュータに支配されていないと言い切れるでしょうか?

何も私は「ヘッドフォンアクター」の世界をなぞろうとしているわけではありません。もっと具体的で身近な話です。皆さんのパソコンの中にもきっと入っているようなソフトウェア――ワードの話なのです。

ワード――正しくはMicrosoft Office Word――は、おそらく世界で一番使用されている文書作成ソフトです。現代の、特に比較的若い世代において、ワードを使ったことがない人というのは少数でしょう。そのワードに、我々は支配されていると言えないでしょうか。

言い換えましょう。コンピュータで何か文書を書かねばならなくなったとき、あなたはどうしますか。

おそらく大多数の人が「ワードを使う」と答えるでしょう。そして、このことを私は問題視したいのです。何かを行いたい時に、たった一つの道具しか持ち合わせていない。果たしてこれで「コンピュータを使えている」と言えるでしょうか。むしろ「コンピュータに使われている」のでは無いでしょうか。

例えば、ワードの互換性は貧弱です。自分のパソコンで作った文書が別のパソコンではレイアウトが崩れて表示されたり、同じパソコンでもワードのバージョンを上げるとおかしくなったりすることもあります。

コンピュータを使っている中で、このような不便な事情はよくあることでしょう。その多くは、代替案が無いために生じることではないでしょうか。

これを解決する方法は唯一つ、代替案を探せばよいのです。例えばワードの代替としては、「一太郎」や「Libre Office」、「LaTeX」などがあります。後ろ二つは無料です。もちろんワードとは別のソフトウェアですから少々勝手は違いますが、あなたがやろうとしていた作業をより能率よく行うことができるかもしれません。

実際、互換性を高めるためにワードから「Libre Office」へと移行した JA福岡市会津若松市のような例もあります。

コンピュータに使われるのは、やめにしませんか。

諸悪の根元。サイト管理者。C++が好き。とんでもないアホ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nininga より:

    illustratorは至高

    • 艮 鮟鱇 より:

      一応Inkscapeを対抗馬にあげておく。ちょっと方向性違うけど……。
      印刷所とかだとイラレしか受け付けてくれないところとか多くて、良くないなぁと思っている。

  2. nininga より:

    印刷所に行く機会がそんなにないですね

    • 艮 鮟鱇 より:

      #それはそう
      ほら、パンフレットとか、ポスターとか……

  3. nininga より:

    名新社は.aiも受け付けてくれる有能会社

  4. nininga より:

    ごめん君の文章読み間違えてた