スーパーハカーになる方法

「プログラミング」と聞くと、映画の中のスーパーハッカーなどを想像する人は多いのではないでしょうか。黒い画面に向かってキーボードをカタカタさせると謎の数値やらコードが打ち込まれていく。そしてたやすくペンタゴンに侵入するのです。あのイメージから「プログラミングやりたい!」と思っている幼・小・中・高・大学生は少なくないはず。

しかし現実はそう甘くはありません。実際に本屋さんに行って「プログラミング入門」みたいな本を手にとってみると、ファンシーな猫が書かれたやつとか、矢印やら音符やらに目のついたやつとか、映画で見たものとは全く違う世界が広がっています。どこにも黒い画面はありません。むしろ白い。

「俺達の黒い画面はどこへ行ったんだ!」

ということでここでは特別に、スーパーハッカーにはなれなくても スーパーハカー ぐらいにはなれる方法をいくつかお教えしましょう。

適当に打ち込んでそれっぽい画面にする

スーパーハッカーの醍醐味「なんかめっちゃキーボード叩くと黒字に白い文字が打ち込まれていく」あれを実現しましょう。 Hacker Typerというページでキーボードを適当に叩いてみて下さい。

「黒に緑じゃねーか」というツッコミはおいておいて、それっぽいでしょ?

キーボード・ショートカットを使う

スーパーハッカーはマウスなんて使いません。全てをキーボードで行います。手始めにAlt + F4なんてどうでしょうか。ウィンドウを閉じるために×ボタンを押す作業はもはや不要です。

Ubuntuを使ってみる

上のやり方は子供だましに過ぎませんでした。マジモンのスーパーハッカーになるにはどうすればいいのでしょうか。簡単な方法が一つあります。

本屋に行って「Ubuntu入門!」みたいな本を買ってきましょう。大体そういう本にはDVDがついているので、それをPCにに放り込んで起動してみると、いつもと違う画面が出てくるはずです。その環境でいろいろと頑張ると本物のスーパーハッカーになれます。頑張りましょう。ちなみに私はそれに近い環境に5年くらい居て、スーパーハカーになりました。

結論

Ubuntuはいいぞ。

ちなみに

本物のスーパーハッカーになりたい人は、こんな記事なんて読まずに「ハッカーになろう」を読めばいいんじゃないかな。ハッカーの意味が微妙に違うけど。

諸悪の根元。サイト管理者。C++が好き。とんでもないアホ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする