造語症

オリジナル単語を自然に創る症状。主に精神病疾患者が「一般的ではない、辞書に載っていない造語」を創作し、さも当たり前のように使う症状。統合失調症の典型的な症状であり、アスペルガー症候群にも多くみられる。自分と他人との境界線が薄い(あるいは無い)という事が原因として「自分が当たり前に使う言葉」は「他人も認識出来る」という思考が原因とされている。

http://takei.anonyment.com/wp/精神疾患用語集/サ行/造語症/

かつて,私は「連歌的ジレンマ」という語を作り出したことがありました.あれは今から思うと自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群)の一症状である造語症だったのかもしれません.

「連歌的ジレンマ」を生み出したとき,周囲の反応が過剰ではないかと私は思っていました.私にとってこのような語を使うことは特に不自然なことではなかったからです.今はもう「連歌的ジレンマ」しか思い出すことはできませんが,このような造語を私はいくつも作り出していたのでしょう.

「連歌的ジレンマ」の経緯から,私は造語を作り出し使うことを避けるようになりました.それは一つの成長だと思いますし,そのときに自分の造語癖に気付けてよかったと思っています.

しかし「連歌的ジレンマ」は造語症という言葉では片づけられない,私の大事な思い出でもあります.造語症という言葉は今知りましたが,そんなくだらない概念に思い出を壊されてたまるか,とも思います.

まあ何が言いたいかというと,クソ食らえ,ということです.造語症は社会的にはよろしくないのでしょうが,そんなことはどうでもいい.「連歌的ジレンマ」に関して色々考えるのは楽しかったし,それが「造語症」なんていう造語じみた言葉で説明されてしまうなんて悔しいです.

私は自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder: ASD)と呼ばれる障害を持った人間です.ASDについて調べれば調べるほど,自分の行動がASDの症状やその二次障害で説明がついてしまう.じゃあ私はいったい何なのか,私はASDが人間の皮を被って歩いている(誤解なきよう,ASDの人を差別する意図はありません)存在なのか,と憤りを覚えてしまう.

なんというか,空しい,とそういうわけでこの文章を書きました.読んでもらった人には申し訳ないです.

以上

コメント

  1. アバター ptolemy より:

    思い出と決別して自分を見つめ直した方がいいかもしれない.

  2. アバター ptolemy より:

    造語症という言葉自体が学術的な用語ではないようなので,本文でも造語じみていると言っていますが,やはり造語のようです.しかし学術用語も本を正せば造語ですし,造語を作り出すことが問題なのではなく,一般的な言葉に敷衍しないでいきなり使ってしまうところに問題があるということです.自閉症スペクトラムの症状の一つであるということは2003年の文部科学省による定義では言及されているようですが,DSM-5での診断基準には含まれていなかったように思います(手元にないので分かりません).少なくとも「造語症」は統合失調症やASDの診断基準にはならないでしょう.

    私は当事者として個人的に調べているだけで,専門家ではないので,この記事やコメントの正確性に責任は持てません.その点,よろしくお願いします.