読み物一覧

NO IMAGE

無い袖は振れん

ち。 皆さんこんにちは。STARTです。昨年のAdvent Calendarをカオスの坩堝での初めての投稿とした僕ですが、今年も無事記事を上げることが出来ました。ざっくり二年目最初の投稿となる本記事は、少し長めのものとなってしまうと思われますが、どうぞ最後までお付き合いいただけますと幸いです。 さて、ご覧の通り今回の記事タイトルは「無い袖は振れな...

NO IMAGE

墓標

砂漠に立つ。 頬を汗が伝う。流れた汗は干上がり、熱気の中に霧散する。 肌が灼ける。皮は剥げ、肉は朽ち、遂に骨が覗くだろう。 ここで一歩進むならば。この一度限り脚を持ち上げ、一粒先の砂を踏みしめたならば、私は救われる。 或いは一歩退けば。あの空に燃える太陽の熱射に背を向け、冷えた石畳を鳴らせば、私は全てを忘れる。 眼が焼ける。喉は貼り付き、二度と開かぬ。 私は立つ...

NO IMAGE

すきあらば自分語り: プログラミングとの出会い ~torikoriの場合~

この記事は2018年カオスの坩堝アドベントカレンダー の一環として書かれたものです. 0日目になるのでしょうか. 昔プログラミングに触れたきっかけから、どんな技術言語に触れてきたのかを記してみた. すきあらば自分語り 〜鮟鱇の場合〜 の真似であろうか.

NO IMAGE

すきあらば自分語り 〜鮟鱇の場合〜

すきがあるので自分語りをする。 幼年期 非常に残念ながら、私には前世の記憶や母親の胎内にいたときの記憶はない。前世で徳を積まなかったのだろうか。さらに言えば、幼稚園の頃の記憶もあまりない。 などといいつつ、幼長のころ、年下の女の子に追いかけられていたことは覚えている。たぶん人生最後のモテ期である。どんな子に追いかけられたか、もう顔も覚えていない。 あとやたらと飴をねだるので「飴太郎...

NO IMAGE

全画面表示のスタート画面

Windows 10 においては、Windows 8 において廃止された、スタートメニューが復活しました. もはや慣れている方も多いかと思いますが、この記事では、あえて「スタート画面の全画面表示」を紹介してみようかと思います. 以上、3パターンどれをとってみても、必要な内容が整然と並んでおり見やすい、と感じるのではないでしょうか. さて、実際に設定してみ...

NO IMAGE

13

暑くない、30年前。今日と違って。 そのころ、あれ、冬か。いいや。 反抗、いや犯行か。親、いや保護者、あそこまで話が合わなかったの、今もない 学校行ってたらしいけど、どうも僕、学校を誤解してたらしい。あ、小学校ね どういう意味? 皆、適当にあしらう。あしらえなかった。従う、抗う楽しさから抜けられない。当然だよ。装置であることを学校は隠している、いやわざわざ表にしていないだけ。...

NO IMAGE

セキュリティ・キャンプ全国大会2018応募用紙の話

みなさんこんにちは。(はじめまして|お久しぶりです)。艮鮟鱇です。6月に入り少しずつ暑くなって参りましたが皆様御機嫌如何でしょうか。私は花粉症です。 さてこの度 セキュリティ・キャンプ全国大会2018 というものに出来心で応募したところ、なんと通ってしまいました。びっくらぽんです。このイベントは一度選考を通ってしまえば参加できる(二次面接などはない)ので、 8月の半ばぐらいに開催地である東京...

NO IMAGE

せるふいんとろだくしょん

さざ波のような静かなざわめきの中、あなたは無表情で机の前に座っていた。 落ち着いていて、冷静で、物静かに。周りのことは一切視界にないような風でただ座っていた。 今日は入学の日。あなたは新入生。周りにはぎこちない挨拶を交わす人。緊張しきって書類を読むことしかできない人。それとは逆にフレンドリーに会話を楽しむ人。人。人。人。 波に乗るせよ飲まれるにせよ各々に新しい環境に対する何かしらの反応を見せ...

NO IMAGE

「中立」という幻想を追って

こんにちは、torikori です。昔考えていたことをメモ書きがてら書き残す記事をもう3本目となってしまいましたが、やはり、相変わらず誰も読もうという気にさせない空虚な文書を残すことにします。これまでの記事までは、ただ乱雑につらつらと書き連ねるのみでしたが、少しばかり筆者自身の考えがまとまってきたこともあり、今回は一つのテーマを軸にして書くことにします。 いままでの記事へのリンクを残して...

NO IMAGE

悩むのではなく苦しむわけでもなく

皆の記事を読んでいると、自分はいかに低俗な記事しか書けないのであろうか、という思いが頭を駆け巡りますが、結局これは何も生み出さないので、うまく自分を取り扱うべきなのかもしれません。torikori です。 前の記事を書いて公開してやることにより、多少ながら、自分の心の整頓になったようです。ほんの、ほんの少しながら穏やかに生を営むことができています。 それはさておき、日々過去の記憶がよみがってき...