随筆一覧

NO IMAGE

隙あらば自分語り(2)

2月の頭に大学が事実上の春休みに入ってから、起きている時はほとんどずっとパソコンに向かっている。わたしが主に使っているパソコンは2台あるけれど、どちらもDropboxで同期されているから、やっていることは似たようなものだ。画面にはターミナルとエディタとブラウザ。わたしのパソコンを覗き込むことがある人には知っておいてほしいのだけど、こういう画面になっているとき、わたしは大抵プログラムを書いている。話...

NO IMAGE

私とプログラミングとおっぱい

最近スマホのブラウザに「おすすめ記事」が表示されるようになった。どうやら、私が普段見ているサイトから推測して表示されるらしい。私がスマホのブラウザで見るものなど、プログラミングに関するものか、おっぱいと相場が決まっている。いつ親にブラウザの履歴を見られても問題ないように、おっぱいはシークレットブラウザで見ているから、結局プログラミングの記事ばかりが並ぶことになる。 「おすすめ記事」にはプログラミ...

できる! コンパイラ作成の資料まとめ

あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。艮鮟鱇です。 さてつい先程、友人から「冬休みに言語処理系ちょっと書いてみたいんだけどいい資料ない?」(意訳)と言われました。新しい年も始まりましたし、これを機にコンパイラ・インタプリタを書き始める人も少なくないこともないかもしれません。 ということで私が把握している言語処理系開発のための資料を以下に一覧します。上から順に見ていって、...

NO IMAGE

seccamp2018とKernel/VM@関西と「やるだけ」

この記事は2018年の10月くらいに投稿しようと思いながらも結局投稿しなかった記事原案を、適当に編集したものです。 セキュリティキャンプ全国大会2018とKernel/VM@関西 9回目とちょっとだけ話題になった「やるだけ」の話をします。 お久しぶりです。艮鮟鱇です。一行目はTwitterのカードに出るので2行目で挨拶です。 Twitter対策大事ですね。あんまりTwitterやらない...

NO IMAGE

すきあらば自分語り 〜鮟鱇の場合〜

すきがあるので自分語りをする。 幼年期 非常に残念ながら、私には前世の記憶や母親の胎内にいたときの記憶はない。前世で徳を積まなかったのだろうか。さらに言えば、幼稚園の頃の記憶もあまりない。 などといいつつ、幼長のころ、年下の女の子に追いかけられていたことは覚えている。たぶん人生最後のモテ期である。どんな子に追いかけられたか、もう顔も覚えていない。 あとやたらと飴をねだるので「飴太郎...

NO IMAGE

セキュキャン体験記に代えて

セキュキャンから帰ってきた。合宿中にあったあんなことやこんなことを家族に話していたら、そもそも私がセキュキャンで何をしてきたのかという話になった。セルフホストのCコンパイラを作ってきたんだと言ったら、納得の行かない顔をしている。どうやらCコンパイラを自作することに価値を見いだせないようだ。無理もない。技術界隈でよく話題になる「車輪の再発明」だと言われれば、少々返答に困る。 Cコンパイラは、C...

NO IMAGE

セキュリティ・キャンプ全国大会2018応募用紙の話

みなさんこんにちは。(はじめまして|お久しぶりです)。艮鮟鱇です。6月に入り少しずつ暑くなって参りましたが皆様御機嫌如何でしょうか。私は花粉症です。 さてこの度 セキュリティ・キャンプ全国大会2018 というものに出来心で応募したところ、なんと通ってしまいました。びっくらぽんです。このイベントは一度選考を通ってしまえば参加できる(二次面接などはない)ので、 8月の半ばぐらいに開催地である東京...

NO IMAGE

TwitterはCommunicationか

Ⅰ はじめに  こんにちは、オイラーです。3回目の投稿にして初めて本人の登場する文章ですね。今回は小説でも普段のよくわからない(笑)ツイートでもなく、僕が思っていることをみなさんにも伝えたいと思い、できるだけわかりやすく書くつもりでいます。ただし、最低限の体裁は整えたいと思います。    本記事はまず初めにⅡで、本記事を執筆するきっかけや込めた思いについて軽く触れ、次にⅢで、本題となった問いに...

NO IMAGE

サイレント・カーテン

sudo systemctl stop―― サーバーにそのコマンドを打ち終えてから、僕はふぅとため息をついた。息を吐き出してから、今打ったコマンドに、自分が何の感慨も持っていないことを理解した。それは多少の感慨を僕に与えた。 自分が持っていたサービスの一つが終わる。そう考えれば、もう少し感情が湧いてきても良いようなものであった。たとえそれが、コマンド一つで成し得ることにせよ。 ふ...

NO IMAGE

いずれ訪れる水資源の枯渇に備えて

STARTです。4月に入り、新学期が始まりましたね。京大にも新入生という新たな風が加わり、今年の大学の始まりを実感させてくれます。私も心機一転、初心に帰ったような心持ちで、今講義中にこの文章を書いています。 人間というのは一日二日でそう大きくは変わりません。小学生時代から授業を寝続けた私が保証します。 さて、私の新年度が闇と絶望の中で幕を開けたことはともかくとし...