随筆一覧

NO IMAGE

すきあらば自分語り 〜鮟鱇の場合〜

すきがあるので自分語りをする。 幼年期 非常に残念ながら、私には前世の記憶や母親の胎内にいたときの記憶はない。前世で徳を積まなかったのだろうか。さらに言えば、幼稚園の頃の記憶もあまりない。 などといいつつ、幼長のころ、年下の女の子に追いかけられていたことは覚えている。たぶん人生最後のモテ期である。どんな子に追いかけられたか、もう顔も覚えていない。 あとやたらと飴をねだるので「飴太郎...

NO IMAGE

セキュキャン体験記に代えて

セキュキャンから帰ってきた。合宿中にあったあんなことやこんなことを家族に話していたら、そもそも私がセキュキャンで何をしてきたのかという話になった。セルフホストのCコンパイラを作ってきたんだと言ったら、納得の行かない顔をしている。どうやらCコンパイラを自作することに価値を見いだせないようだ。無理もない。技術界隈でよく話題になる「車輪の再発明」だと言われれば、少々返答に困る。 Cコンパイラは、C...

NO IMAGE

セキュリティ・キャンプ全国大会2018応募用紙の話

みなさんこんにちは。(はじめまして|お久しぶりです)。艮鮟鱇です。6月に入り少しずつ暑くなって参りましたが皆様御機嫌如何でしょうか。私は花粉症です。 さてこの度 セキュリティ・キャンプ全国大会2018 というものに出来心で応募したところ、なんと通ってしまいました。びっくらぽんです。このイベントは一度選考を通ってしまえば参加できる(二次面接などはない)ので、 8月の半ばぐらいに開催地である東京...

NO IMAGE

TwitterはCommunicationか

Ⅰ はじめに  こんにちは、オイラーです。3回目の投稿にして初めて本人の登場する文章ですね。今回は小説でも普段のよくわからない(笑)ツイートでもなく、僕が思っていることをみなさんにも伝えたいと思い、できるだけわかりやすく書くつもりでいます。ただし、最低限の体裁は整えたいと思います。    本記事はまず初めにⅡで、本記事を執筆するきっかけや込めた思いについて軽く触れ、次にⅢで、本題となった問いに...

NO IMAGE

サイレント・カーテン

sudo systemctl stop―― サーバーにそのコマンドを打ち終えてから、僕はふぅとため息をついた。息を吐き出してから、今打ったコマンドに、自分が何の感慨も持っていないことを理解した。それは多少の感慨を僕に与えた。 自分が持っていたサービスの一つが終わる。そう考えれば、もう少し感情が湧いてきても良いようなものであった。たとえそれが、コマンド一つで成し得ることにせよ。 ふ...

NO IMAGE

いずれ訪れる水資源の枯渇に備えて

STARTです。4月に入り、新学期が始まりましたね。京大にも新入生という新たな風が加わり、今年の大学の始まりを実感させてくれます。私も心機一転、初心に帰ったような心持ちで、今講義中にこの文章を書いています。 人間というのは一日二日でそう大きくは変わりません。小学生時代から授業を寝続けた私が保証します。 さて、私の新年度が闇と絶望の中で幕を開けたことはともかくとし...

NO IMAGE

大阪府民による大阪講座

 久しぶりの投稿大会に興奮が隠せないあまみるきーです。  突然ですが私、大阪府民なんですよ。大阪「府」とつけたのは大阪市内ではないということでして、すなわち私はコッテコテの大阪人というわけではありません。しかし大阪人の姿をアホみたいに見てきたことに変わりはありません。そんな私が思ってることがひとつあるんです。  みなさん大阪人にレッテル貼りすぎじゃないですか?? ーーーーーー ...

NO IMAGE

道の向こうに 0.

2017年11月25日、21時30分。私は東京ステーションに辿り着いた。荷物は、数日分の衣類を入れた青いバッグ、それから青いシクロ車だ。東京ステーションでY氏と合流し、神田ステーション方面へ自転車を走らせる。適当なネットカフェを見つけてチェックインし、その日は早くに寝てしまった。遂に明日から始まる戦いに、私は万全の体制で挑もうとしたのだ。 これは、あるにわかサイクリング部員の体験談で...

NO IMAGE

フィクション

丹波橋駅のホームの上。 目の前を快速特急が通過する。 ふと思う。 ここで僕が勇気を出したら。 線路に飛び込めたら。   人生に悲観している訳じゃない。 ただ、飛び込む想像をする。 一瞬の激痛。 飛び散る血液、肉片。 ホームに響く悲鳴。   楽しくて想像してるんじゃない。 ただの癖だ。 習慣とも呼べるかもしれ...

Advent~人生の転機~

この投稿は「カオスの坩堝 Advent Calendar 2017」の19日目の記事です。 大半の方はお久しぶりです。そうでないない方は初めまして。6日目のアドベントカレンダーを担当しましたfeeleと申します。この記事では予告通り、そしてタイトル通りAdventについて書くことになります。もちろんこの記事単体でも楽しめるような内容ではありますが、前回の記事を読んで頂くと私の人となりもご理解いた...