パンツダンスミチミチアオゴリラ

この文章は最新鋭のAIによって自動生成されました。

皆さんご存知動物園の人気者、キュートな目元に愛らしい仕草、キレのあるノリツッコミが特徴の「パンツダンスミチミチアオゴリラ」について、お話します。

パンツダンスミチミチアオゴリラ(学名:おにぎりせんべいもどき)(以下パダミアゴ)、原産地のさいたま市では「滋賀県」と呼ばれることもしばしば(年に1回か2回程度、運動会前日の男子小学生が夢の中で遭遇した場合、そう呼ばれる)のこの不思議な生き物は、都内某所にある生産プラントで、30~50代の未婚成人男性から生産されます。

未婚成人男性(以下ミコダン)の頭に注射されたパダミアゴの卵が、1ヶ月かけてミコダンの身体の中を隅々まで遊泳し、ミコダンの幸せな記憶だけを食べた後、局部付近の皮膚を突き破ることでパダミアゴは産声を上げます。(その後のミコダンは、辛い記憶しか残っていないので1~3ヶ月で自殺します。生存競争ですね。)

生まれたてのパダミアゴ(以下ビートたけし)は、テントウムシとカレーライスを足して二で割ったような見た目をしていますが、知能が非常に発達しているため、スマブラでCPUレベル7までは完封出来ます。ですが、この段階ではお尻から精一杯の謝辞を放出する能力や、何を食べても土の味しか感じない味覚、気持ち高めの位置から放たれる気持ち強めのラリアットなど、パダミアゴに必須の要素が備わっていません。

だから、彼らは各々に適したコンビニエンスストアで、真の姿を得るために研修を積みます。
最初は、覚束ない手つきでレジ打ちをしていたパダミアゴも、数週間すれば商品の品出し、陳列もお手の物、厄介なクレーマーは絞殺し、関西人の客にはやたらキレのあるノリツッコミを披露、休憩中は成人誌のコーナーで下衆な笑みを浮かべつつ煙草を吸う立派なパンツダンスミチミチアオゴリラへと成長します。ちなみにこの時、未熟だった身体もしっかり成長し、ほぼカツカレーのような見た目になっています。(誤って食べたら中毒で即死します)

こうした過酷な修練ののちに「夏の日の思い出とプールサイドの塩素臭と君の横顔とひまわり」(十分成熟したパダミアゴは極稀にこのような呼ばれ方をします)となった彼らは、フリーズドライ加工された後皆さんの食卓に届けられたり届けられなかったりするのですが、そもそもそんな動物は居ません。歯を磨いて早く寝ましょう、おやすみなさい。

コメント

  1. アバター nininga より:

    ミッパンのツイート全部AIでええな?

    • ミッフィーに腹パンされたい ミッフィーに腹パンされたい より:

      実は既に彼はこの世界から消えているんだよね……

  2. アバター nininga より:

    とAIが申しております