ライアーゲーム

そのとき僕は愕然とした。僕は彼女が、あるいは別の彼女が、僕を複数のうちの1人としていることに言い知れぬもどかしさを感じていた。だというのに、僕の中でもまた彼女はそういう対象であった。

嘘はそこに多少なりとも疑義が呈されれば嘘の色が見えてくる。それは何者も、光も通さぬ黒々としたインクが薄い紙の上に滴り落ちるのに似て、不可逆的なものだ。正しい嘘は、(少なくとも僕の中では、)相手にとって真実でなければならないという逆説に、僕は囚われていた。

この混乱をもって、僕は自らが論理という名の槍で堅牢に築き上げてきたバリケード-首尾一貫性に関するバリケード-が、実際には砂の上に建っているのではないかと思い始めた。

お互いに割り切っているはずということを理解はしていても、言葉と、それから仕草や態度なんかが邪魔をする。人間は、自分がone of themだと割り切った上で相手を信頼できるのだろうか?信頼して、夢中になって、後になって「そんなつもりはなかった」と言われたら、その寂しさに耐えられるだろうか?

オイラー

その辺にいる文学徒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nininga より:

    短いのに濃い